ドッグフード選びの基準とは?

ドッグフード選びの基準とは?

「愛犬はすくすくと成長してほしい」これは、犬を飼っているどの飼い主にも言えることではないでしょうか。愛犬の成長のために大切なドッグフード選びの基準についてご紹介しましょう。

ドッグフードを選ぶ時に参考にしたいのは、WDJ認定であるかどうかです。このWDJというのは、ホールドッグジャーナルというアメリカの愛犬家専用の雑誌なのですが、この雑誌は企業から広告収入を得ないため、情報が信頼できると愛犬家たちから評判の高いものとなっています。

WDJが選んでいる愛犬たちに食べさせたいドッグフードの基準の1つに、副産物や家禽副産物が入っていないというものがあります。家禽副産物というのは、動物の毛や角、歯やひづめなどで、人間が食べることができないものです。人間が食べられないものをペットにあげることは望ましくありません。家禽副産物が入っているドッグフードは安価で購入しやすいですが、愛犬の健康のことを考えるとやめておく方が良いでしょう。

その他の基準としては、動物性のたんぱく質を多く含んでいるものがあります。特に原材料表示の先頭に1、2種類の動物性たんぱく質が書かれている方が良いとされています。動物性たんぱく質は、愛犬の成長にとって良いため、穀物や野菜が原材料表示の上位に並んでいないものを選ぶようにしましょう。また、人工の着色料や保存料等が使われていないものを選ぶことも大切です。

ページのトップへ戻る